わかってもらえない人

2015年6月23日 / 彷徨う人

 警察や何人もの弁護士に相談したけどわかってもらえなかったと訴えて相談に来る人が少なくない(タイプ1)。
 聞くと、あちらこちらへ話が飛び、いったい何時の何の話をしているのかがわからない。私は、ひととおり話を聞いた後、もう一度こちらから時系列で聞き直し、さらに、客観的な資料と照らしあわせて、どこが間違いなくて、どこがあやふやかを確かめながら、腑に落ちるまで話を聞き続ける。自分に起きた出来事を全部記憶してはいるものの、それがどういう順番で起きたかは、こちらから聞かなければなかなか答えられないようだ。そして、また、①「事実の有無」と②「その事実の評価」とを区別できないことがあり、たとえば、書面の内容が説明されないまま、強引に契約を勧められ、言われるままに署名捺印したためにできあがった契約書があるとき、「①署名捺印をしたことは間違いないが、②真意に沿わない契約だから納得できない。」と言うべきであるところを、この区別ができないまま、まとめて「署名なんかしてない!」と言ってしまう。
 この人から相談を受ける人は、これを聞いた瞬間、この人は信用できないと考えて依頼を断るのだと思うが、私は、それだけでは信用できないとは考えない。依頼を断るのは簡単だが、断ると、この人は彷徨うしかなくなる。
                                                                                                      
 警察や何人もの弁護士に相談したけどわかってもらえなかったが、そのことを少し隠して相談に来る人が少なくない(タイプ2)。
 何度も受任を断られている相談者は、「この事実を話すとまた断られるかも」と考え、意識的もしくは無意識的にその事実を避けて話そうとするから、話を聞いて腑に落ちるまでに相当の時間を要することもある。
話は、しばしば熱くなり、聞いている者の共感を引き出し、正義感を刺激するから、いったん受任することになることが多い。しかし、思うように事が進まないと、しばしば態度が不機嫌になり、結果を強く求めるようになり、進め方にも注文を出し、挙げ句の果てには、無能呼ばわりする。
 この人から相談を受ける人は、途中で、この人は信用できないと考えて依頼を断るのだと思うが、私は、これくらいでは信用できないとは考えない。依頼を断るのは簡単だが、断ると、この人は彷徨うしかなくなる。

“わかってもらえない人” への1件のコメント

  1. ミミ より:

    普通の庶民的な生活で弁護士と関わることはほぼないから、依頼する人は自分の懸案事項で感情的になっている人が多いんでしょうね。

    しかし、弁護士側も、修習以降の教育的研修ってありますか。弁護士のみを言っているのではないですが、たまに若くして思い通りになると引くような人もいたり。

    どんな人でも、人を判断する際、言動と共に「人相」と「目つき」は決して侮れない気がします。

コメントを残す

カテゴリー

アーカイブ

2018年9月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

TOPへ戻る